更新情報 過去の更新情報

2022年12月24日
2022年第18回研修会(講演)が開催されました。
会誌第12巻第3号、第4号が発刊されました
2023年度の研修会の開催日が決まりました。
2022年10月19日
2022年度実技研修会に追加日程を設定しました
2022年度研修会の演題に変更があります
2022年10月7日
定期通信第55号を掲載しました
当法人の口座情報が変更となりました
2022年9月2日
日本バイオテクノロジーからのお知らせを掲載しました
2022年8月30日
2022年度研修会のプログラムが決定しました
2022年度実技研修会の受講者を募集します
2022年7月28日
定期通信第54号を掲載しました
2022年6月20日
新しい定款が総会で承認されました・・・法人名が変わります
令和4年度の総会が開催されました
2022年度講演会が開催されました
講演会はアーカイブ配信でご覧いただけます(会員限定)
会誌第12巻第1号、第2号が発行されました
2023年度の総会・講演会の日程が決まりました

理事長からのメッセージ

理事長:五十君 靜信

当法人は多くの会員の皆様や食にかかわる分野の皆様のご支援を受け活動して参りました。平成14年の発足から平成23年の特定非営利活動法人への移行を経まして、今日まで食の安全と微生物検査にかかわる多くの活動を展開し、皆様に様々なサービスを提供して参りました。 一方、法人格を得てから10年を過ぎ、社会の大きな変化、特に情報分野の著しい進展、さらに食品衛生分野の国際整合性の重要性が強化されるなどといった観点から、当法人の今後の方向性について将来を見据えた検討・見直しを行うことが必要であると考えるに至りました。

そこで、当法人の今後の在り方に関する議論を理事会で重ねて参りました。今後は食品の微生物制御に関する内容を充実する方向性を確認し、当法人の柱として活動して参りました食品における微生物検査の重要性につきましても再確認し、国際整合性を重視し、妥当性確認やHACCPなど工程管理に対応した微生物検査に関する情報発信を引き続き行っていくこととしました。

将来の方向性に関する要点や論点に関しましては、令和3年秋に会員の皆様に広くアンケート調査を実施いたしました。アンケート調査の結果を受け、理事会で議論を重ねまして、定款の改定を提案いたしました。令和4年度の総会にてご審議いただきまして、議決承認を得ることができました。

法人名称の変更、事務所の移転、事業の種類の変更、会員種類の多様化などを盛込んだ新しい定款が正式に承認されました。今後、東京都による審査と縦覧を経て、承認を得た後、法務局で登記を行い、この令和4年11月頃までには新しい定款が正規の定款となる見込みです。令和5年(2023年)度からは新しい定款により事業を展開して参りますが、今年度も新しい定款が正規のものとなり次第、それに基づいて事業を進めて参ります。

新しい定款に込められました当法人の方向性をご理解いただきまして、会員の皆様はもちろん、新たに様々な分野から多くの方にご入会をいただくとともに、食品衛生に関心をお持ちの一般市民の皆様にも、当法人が展開いたします種々の事業にご参画いただきますよう、お願い申し上げます。

令和4年6月 NPO法人
食の安全と微生物検査 理事長
五十君 靜信

2022年度微生物実技研修会(基礎編)の追加日程で受講者を募集します 新着記事

2022年度講演会

2023年1月26日~27日に開講する「実技研修会(基礎編)」は、多数の皆様からお申込みを頂戴して定員に達しました。そこで急遽、新しい日程を追加いたしました。

日時: 2023年3月9日木曜日12時30分~17時、10日金曜日9時30分~17時30分
会場: 東京顕微鏡院豊海研究所(東京都中央区豊海町5-1)
講師:
五十君靜信(理事長・東京農業大学応用生物科学部教授/食品安全研究センター長)
土屋禎(理事・日本食品分析センター微生物部長)、 

修了証:
2日間の全てのコースを受講した参加者に、理事長名の修了証が授与されます

主なプログラム:
講義1(食品微生物検査の役割と特徴)
実習1(生菌数、腸内細菌科菌群、黄色ブドウ球菌)
実習2(最新の簡易検査法の実際・迅速検査キット)
実習3(SA,MSEY,BP培地の観察・判定・確認試験等)
実習4(VRBG,DESO,EMB培地の判定・確認試験等)
講義2(HACCP制度化後、微生物検査をどのように考えればよいのか)
参加費用: 30,000円 会員は10,000円
定員: 16名(感染予防対策のため、定員を減らしています。)

詳細は「お知らせ」をご覧ください

会誌「食の安全と微生物検査」第12巻第3号、第4号が発行されました 新着記事

会誌「食の安全と微生物検査」第12巻第3号  会誌「食の安全と微生物検査」第12巻第4号

会誌「食の安全と微生物検査」は、2022年度研修会の抄録特集号として第12巻第3号が発行されました。3名の演者の抄録、スライドハンドアウトが収載されています。

会誌「食の安全と微生物検査」第12巻第4号は、情報提供委員会の甲斐明美先生と工藤泰雄先生がまとめられた、「世界における食中毒情報第20版」です。2021年までの最新の情報を網羅した、貴重な一冊です。他では絶対に手に入らない世界各国・地域の統計数字が納められています。

会誌をご希望の方はこちらからお申し込みください

2023年度の総会・講演会の日程が決まりました 新着記事

2023年度講演会

日時:2023年6月1日木曜日 講演会:午後1時
会場:中央区立日本橋公会堂(中央区日本橋蛎殻町)
Live配信を併用するハイブリッド方式で開催します。 皆様のご予定に加えていただきまして、是非ともご参加ください。 なお、総会につきましては開催方法と日時を理事会で検討し、改めて正会員の皆様にご案内させていただきます。

詳細は「お知らせ」をご覧ください

2023年度の研修会の日程が決まりました 新着記事

2023年度研修会

日時:2023年11月21日火曜日
会場:中央区立日本橋公会堂(中央区日本橋蛎殻町)
Live配信を併用するハイブリッド方式で開催します。
皆様のご予定に加えていただきまして、是非ともご出席ください。

詳細は「お知らせ」をご覧ください

第18回研修会(講演)が開催されました 新着記事

2022年度研修会

2022年度の研修会(講演)「第18回研修会」は、11月24日木曜日 12時30分より、中央区立日本橋公会堂で開催されました。

新型コロナウイルス感染症の第8波の流行拡大が懸念されるなか、会場には100名以上の皆様がお出で下さいました。また、Live配信で約150名の方が視聴され、チャット機能からパネルディスカッションへも参加されました。

はじめに、獨協医科大学副学長で医学部公衆衛生学講座教授の小橋元先生から、 “公衆衛生と疫学の考え方” (演題変更)と題して、疫学からの考え方、公衆衛生からの考え方、その目的は何処にあるのかなど、大変に示唆に富んだお話をいただきました。

次に、一般財団法人東京顕微鏡院 食と環境の科学センター学術顧問で、6月まで当法人の副理事長をお務めいただきました伊藤武先生から、 “公衆衛生活動と食品衛生 特に微生物による食中毒について”(演題変更)と題して、原因不明食中毒の低減に向けての取組みや未だに感染率を下げることのできない問題などについてお話をいただきました。

三番目に、一般財団法人日本食品分析センター多摩研究所 微生物研究課課長の諸藤圭先生から、ISO17025シリーズの第3回(各論2回目)として、“微生物試験のラボ管理実践編②~内部品質管理と技能試験〜”と題して、内部品質管理の必要性と具体的な実施方法や担当者の技能を確認する重要性などをお話しいただきました。

小橋先生には質問に直接お答えいただきましたが、伊藤先生と諸藤先生にはパネルディスカッションにご参加いただきまして、会場からの質問などを交えて議論していただきました。

研修会における講演の抄録及びスライドハンドアウトは、会誌第12巻第3号を入手されましてご覧ください。 研修会の様子はVimeoを通じて会員の皆様に提供しています

詳細は「お知らせ」をご覧ください

定期通信第55号を掲載しました

定期通信第55号

定期通信第55号は、貞升健志先生による書下ろし、「2021年の食中毒発生状況とノロウイルスの新たな分類」です。

詳細は「定期通信第55号」をご覧ください


PICK UP

実技研修会のご案内
2022年度の実技研修会

●追加日程を設定しました
2022年度 微生物実技研修会(基礎編)
日時:2023年3月9日(木)12:30 ~10日(金)17:30
会場:東京顕微鏡院豊海研究所 微生物実習室(東京都中央区豊海町)
定員:16名
受講料:10,000円(会員)、30,000円(一般)

会誌のご案内
会誌発刊 「食の安全と微生物検査」
第12巻第3号

2022年度の研修会の抄録特集号として会誌第12巻第3号が発行されました。

会誌発刊 「食の安全と微生物検査」
第12巻第4号

世界の食中毒情報資料集第20版として会誌第12巻第4号が発行されました。

研修会のご案内
2022年度の研修会

2022年度の研修会が開催されました。
2022年度の研修会は、11月24日木曜日12時30分より、中央区立日本橋公会堂で開催されました。
講演の内容は会誌第12巻第3号を入手されましてご覧ください。

2023年度の研修会

2023年度の研修会の日程が決まりました。
日時:2023年11月21日火曜日 午後
会場: 中央区立日本橋公会堂(中央区日本橋蛎殻町)

定期通信
定期通信 第55号

定期通信第55号は、当法人の理事である貞升健志先生による書下ろしです。是非ご覧ください。

総会・講演会のお知らせ
令和5年度 講演会

令和5年度(2023年度)の講演会の日程が決まりました。
日時:2023年6月1日木曜日 午後
会場: 中央区立日本橋公会堂(中央区日本橋蛎殻町)
総会の日程は改めて正会員にお知らせします。

ページのTOPへ